岡部加菜子 - フードジャーナリスト

​~はじめに~

ちょっと振り返ってみましょう。昨日は朝・昼・晩と何を食べましたか?そして今日は何を食べる予定ですか?

食べ物は人が生きていくうえで必要不可欠なものです。毎日何を食べるかはそれぞれ自由で、個々の選択で決まります。そんな何気なく選んでいる食べ物ですが、意味が隠されているのです。英語でYou are what  you eat.という言葉があるように、”あなたは食べたもので出来ている”。何を食べるかで、人がきまるということです。要するに、これは自分自身は何者かというアイデンティティーにつながるということです。

こんなアイデンティティーにもつながる”食べ物”は、一皿ができあがるまで、多くの人が携わっています。野菜・肉などを生産する生産者、それを運ぶ物流業者、そして販売員、料理を作るシェフと、細分化すればキリがありません。こんなにも多くの人々を巻き込んでできた一皿のお料理を美味しい、美味しくないとの一言ですませていませんか。​

食べ物は常に身近にありすぎるためか、なおざりにされがちです。しかし、食べ物のことを深く知れば、自分自身はもちろんのこと、社会に対する見識が変わるかもしれません。

​食を通して自分や社会、そして地球全体のことを考えてみませんか。

You are what you eat.

Education 

Le Cordon Blue London

   Cuisine diplomat

SOAS University of London

   MA Anthropology of Food 

​Work

​富澤商店レシピ掲載

りぶる「英国菓子と世界の空」

他、雑誌の取材等多数

Contact Me

 © 2020 by Kanako Okabe.

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Vimeo Icon

Kanako Okabe

   Food Journalist

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now